会社概要イメージ
会社概要

▲Page Top

ハードウェア開発方針

1. 仕様決定
開発の各段階において下記の方針にて高品質な製品を開発します。
1) 要求仕様に対して 設計仕様書を作成し 詳細な機能、動作、仕様を記述します。
2) 設計仕様書をもとにお客様に複数回の説明を行い、
  要求仕様等に不足分、修正点あれば修正を行います。

このことにより 設計仕様の誤り、不足を防ぎます。
2. 詳細設計
1)ICの推奨動作条件を守る。
2)データシートに書かれていない不明点はメーカーに確認する。
3)ノイズ発生をできるだけ減らすこととする。
4)最悪動作条件においてもマージンのある設計とする。
  信号波形、信号タイミング、電源波形、クロック品質、電源波形、動作温度等
5)設計時において設計チェックリストを作成し、
  その各種確認項目に対するエビデンスをドキュメントとして残す。
6)生産継続性を考えた部品を選択する。
3. アートワーク
1)信号品質を優先した配置、層構成とする。
2)反射波形を考慮したVIAの使用、トポロジーとする。
3)クロストークを考慮した配置とする。
4)発熱を考慮した配置とする。
5)アートワーク仕様チェックリストを作成し、
  その各種確認項目に対するエビデンスをドキュメントとして残す。
4. 検 証
1)試験項目チェックリストを作成し、それをもとに試験要領書を作成する。
  また、お客様との間にて確認をする。
2)各種測定を行い、信号品質が要求仕様に対してマージンがあることを確認する。
3)設計仕様書に記述されていることすべての確認をする。
4)動作上最悪条件にて各種検証を行う。
5)検証結果を試験成績書としてまとめる。